法人のお客様 インタビュー

image

CONTACT US

お問い合わせ

TEL:03-3398-1775

「HP を見て」とお伝えいただくと
スムーズです

「Gelateria SINCERITA」ジェラートマイスター 中井 洋輔氏

ご利用いただいているはちみつ

プロフィール
1980年、神戸生まれ。2002年にインテリアデザインやアンティークの勉強のため渡伊。帰国後、日本で色々なアイスやジェラートを食べるもイタリアで食べた味に出会えず、ないなら自分で作ろう!と思い立ち2009年よりジェラートの仕事を始める。東京のジェラテリアで半年ほど修行後、新規ジェラテリアの立ち上げを行い、2010年よりジェラテリアシンチェリータを開業する。2011年にイタリアで開催された第32回、国際ジェラートコンテストで「メルノワ」が第三位を受賞。

INTERVIEW

ー 素材を探す際、大切にしていることはなんですか。
当たり前のことですが、「美味しいこと」が一番の選ぶ要因となります。
ただ、「美味しい素材」ということには、必ず理由があり、また、そこにはストーリーがあって、その生産地の環境を考慮するものであることも多く、素材を作ることに生産者の思いや哲学みたいなことが含まれることが多い。そういったことも大切にしています。
その素材が美味しいことの理由を解き明かしながらジェラート作りにも反映させていこうと思っています。
そして、「素材感を如何に引き出すか」ということと、「美味しい組合せ」を考えています。素材そのものを食べる以上に、素材感を感じられることがジェラートの醍醐味でもありますから。
ー 2011年国際ジェラートコンテストに出たきっかけを教えて下さい。
元々、コンテストのような競争ごとが得意でないので、自ら積極的に参加しよう!という意志はありませんでしたが、当時一緒に働いていた同僚がチャレンジ精神旺盛で強く薦めてくれたこともあり、ジェラートの本場イタリアで、国際ジェラートコンテストに参加するに至りました。
ラベイユの森のはちみつを使った「メルノワ」が、世界第3位受賞という良い結果も残すことができ今では参加してよかったと思っています。
ー 中井さんのジェラート作りのポリシーを教えて下さい。
常に進化している状態であることが良いと思っています。
自分の成長と共に、ジェラートもより美味しくなっていくことが望ましいと思うので、いつでも、もっと美味しく出来ると思って作り続けることが大切です。
だから、同じフレーバーであっても毎年少しずつ変化していることが多いです。そうやって少しの差を知り、理解し、チャレンジしていくことがポリシーと言えるかもしれません。

Gelateria SINCERITA
ジェラテリア シンチェリータ
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-43-7
TEL:048-485-9841
営業時間:03-5364-9430
定休日:11:00 〜 21:00(年中無休)
www.sincerita.jp